• lumbar

女性整体師がこっそり教えるバスト矯正術

こんにちは。東京飯田橋にある、反り腰専門ランバー整体院の石川です。


夏になり、薄着が増え、身体のラインが目立つ季節になってきました。

正直、脚やお腹、二の腕などは、努力さえすれば、トレーニングやエクササイズなどで変えることができます。


しかし、重要なのにそう簡単に変えることができない部位が、そう「胸」です。

胸の成長ホルモンは、大体10代後半~20代前半で止まってしまうと言われています。

生理や妊娠によるホルモン変化や暴食などで相当太らない限り、成人女性の胸は、まず大きくなりません。

ですが、大きくならなくても、大きく綺麗に見せること、そして、これ以上小さくなりにくくすることは可能です。

まず、女性の胸は、脂肪と乳腺を、クーパー靭帯が支えるような形でできています。

そしてクーパー靭帯は、筋力の低下や、運動の衝撃などによって、一度伸びてしまうと元には戻りません。

クーパー靭帯が伸びると、胸は重力に沿って下へ下へと下がり、垂れて小さいバストになってしまうのです。

年齢によって、誰でも少しづつ伸びてしまうのは仕方ないことですが、それをいかに食い止められるかが重要になってきます!

また、意外とみなさん出来ていないのが、正しいサイズの下着を身に着けることです。

下着のサイズは、トップバストのサイズと、アンダーバストのサイズによって決まります。

しかし、自分で測ろうとしても、なかなか正しく測れず、合ってない下着を選んでしまう女性は意外に多いのです。

まずは、正しいサイズを把握するため、下着屋の店員さんに測ってもらいましょう。

ついでに、正しい下着のつけ方や、肩ひもの調節方法なども教えてもらうといいですね!

間違ったサイズの下着をつけると、胸元が綺麗に見えないばかりか、脂肪が脇腹やお腹に流れ、形が崩れてしまいます。さらに、ワイヤーが腋周辺を刺激し、腕が痺れたり、肩コリを起こしてしまうことも!(私がそうでした…)

また、最近では、付け心地が楽なノンワイヤーブラや、スポーツブラをしている女性が多いです。

確かに、普通のブラに比べ、動きやすいし寝やすいというメリットはありますが、それを常に身に着けていると、やはり胸の脂肪は段々と脇腹に流れ、形も崩れやすくなります。

綺麗なバストを維持するためには、スポーツ用や夜用など、TPOに合わせて、下着のタイプを変えるようにしましょう。

次に胸を綺麗に見せるため、何より大事なのが、正しい姿勢です。

同じバストサイズの女性でも、姿勢によって、見え方に大きな差が出てきます。

猫背、巻肩、反り腰姿勢の方は、胸よりも肩やお腹が強調されてしまい、胸が大きく見えません。

とくに猫背だと、胸は下を向き、垂れているような印象になりがちです。

「胸を張る」という言葉があるように、胸を出来るだけ上向きに、強調するように意識してみると、自然と背筋が伸びて、綺麗な姿勢になります。

しかし、意識しすぎるあまり、重心が前にずれ、反り腰になってしまう場合があるので、無理のない範囲で行いましょう。

さらに、胸元を綺麗に見せるには、血流も重要ですね。

女性ならば一度は耳にしたことがある「大豆と豆乳で胸が大きくなる」「女性ホルモンのサプリで大きくなる」という噂があります。

確かに、綺麗な胸を維持するためには、乳腺の働きを高める栄養素がとても大事です。

しかし、いくら栄養素を摂取しても、それが胸に届かないと何の意味もありません。

デスクワークなどで、肩や胸周りが凝り固まり血行不良になると、せっかくの栄養もホルモンも胸まで運ばれず…。

おまけに、リンパの滞りによるむくみによって、美しいバストラインはブヨっと埋もれてしまいます。

それを解消するためにも、マッサージなどで、胸周りの血行をよくしておきましょう。

特に、リンパ節のある腋、鎖骨下、首、そして意外にもお腹がオススメです。

お腹は、みぞおちからおへそまでのラインを、両手の四指(親指以外の指)で、ゆっくり、じわーっと押していきます。

これによって、バストアップだけでなく、胃腸も刺激されるので、内臓の機能も高まり、代謝や免疫力も上がりますよ!

バストサイズがコンプレックスな女性、たくさんいますよね。

小さい人は、大きい人に憧れを抱きますし、逆に大きい人も、小さく見せるために押しつぶしたりします。

ですが、胸は身長と同じく、その人の素敵な個性です!

あなたの胸をうらやましいと思う女性は、必ずいます。自信をもってくださいね(^^)

タレントの写真を見せながら「俺はこんな胸がいい」などと言ってくる男性に、ろくな奴はいません。

男性のみなさん、女性を傷つけないように注意してくださいね!(‘Д’)







58回の閲覧