• lumbar

腰痛改善の腹筋運動 ドローイン


こんにちは。東京千代田区飯田橋にある、反り腰専門ランバー整体院です。


バキッと割れた腹筋というのは、男性も女性も誰もが憧れますよね。

男性はもちろんだと思いますが、女性でも「腹筋を鍛えたい!」と思う人はたくさんいます。

しかし、どうしても筋トレが続かない。運動はあまりしたくない。腹筋をすると腰が痛くなってできない。そんな声もチラホラ聞こえてきます。


そこで、今回は、そんな運動が苦手なあなたに、気軽にできて効果抜群な腹筋の鍛え方をお伝えしたいと思います。一般的には「ドローイン」と呼ばれている腹筋運動です。腰痛や反り腰にも有効な運動なので、是非覚えて下さいね。


皆さんが「腹筋」と聞いてまず思い浮かべるのは、お腹の表面にある「腹直筋」という筋肉だと思います。

いわゆる、シックスパックなどとと呼ばれる筋肉ですね。

次に知られているのは、女性なら鍛えておきたい「腹斜筋」です。

横っ腹に位置している筋肉で、くびれを作るのに重要な部分ですね。


見た目を重視したい方に多いのは、いきなりこれらの筋肉を鍛えようとして、腰を痛めてしまうケースです。

それが、トレーニングがなかなか続かない原因にもなりますよね。

そんな方たちに共通するのは、ずばりインナーマッスル(腹横筋)が弱いということなのです!


腹筋と呼ばれる筋肉には、腹直筋、腹斜筋のほかに「腹横筋」と呼ばれる、秘められた筋肉が存在します。

これは、まるでコルセットのような形で存在しており、その役目もコルセットそのものなのです。

腹横筋がしっかり機能すると、背骨や腰回りが安定します。

しかし、反り腰の人は、特に普通の人に比べると、腹横筋が機能していない状態なので、腰が不安定になり腰痛になりやすいのです。


腰が不安定なまま、割れた腹筋を手に入れようとしても、腰に大きな負担をかけるだけですよ!

まさに、急がば回れです。


腹横筋は、腹筋運動がまったくできない方でも、簡単にトレーニングすることができます。

ここで、ドローインと呼ばれる腹横筋の強化方法を紹介します。簡単ですので是非試してみて下さいね。


慣れないうちは仰向けで寝た状態から始めましょう。

仰向けが辛い方は両膝を立ててください。


まずは大きく深呼吸をします。

この時、意識するのは、胸を膨らます胸式呼吸ではなく、お腹を膨らます腹式呼吸です。

お腹にいっぱい空気を取り込んだら、ゆっくり少しずつ息を吐いていきます。

お腹が少しずつへこんできましたね?限界まで息を吐ききってください。

限界まで息を吐ききり、お腹が最大までへこんだところで、そのお腹の状態をキープします。


お腹を凹ましたら、呼吸は、自然な胸式呼吸に変えます。

この時気をつけたいのは、腰が浮かないようにすることです。

おへそを床やベッドに近づけるようなイメージですね。

なかなかキツイですよね?最初は10秒頑張ってお腹をキープしましょう。

10秒経ったらお腹を脱力させます。

よく頑張りました!


物足りないようなら、20秒、30秒、1分と少しずつ長くしてみましょう。

これを、慣れてきたら、座った状態、立った状態でもできるトレーニングです。

通勤途中やお仕事中、家事の最中など、いつでもどこでも他人にバレずにできるので、思い出した時にやるようにするといいですね!


慣れてきた頃には、きっとウエストのサイズが少し減っていると思います。

また、重力によって下がってしまった内臓が、腹圧によって元の位置に戻るので、内臓機能が回復し、代謝が上がります。


痩せやすくなる上にウエストも細くなり、腰痛になりにくくもなる。

やって損はない素晴らしいトレーニングです。

運動嫌いな方も是非、やってみてくださいね。


0回の閲覧