• lumbar

骨盤が歪むとどうなる?②



こんにちは。東京飯田橋にある、反り腰専門ランバー整体院です。


今回は、前回の続きで、骨盤が歪むと体に何が起きるかを説明したいと思います。


日頃の生活態度や癖などで、筋肉のバランスが崩れてしまうことを前回お話ししましたね。


どこかの筋肉に負担がかかると、逆にまったく使われない筋肉が出てきます。


骨盤が前側に倒れてしまっている人を例にあげましょう。

多くの人は、まず太ももの前側の筋肉に負担がかかります。さらに常に腰を反っているような状態になるので、腰への負担も大きいです。放置すると腰痛や脚のむくみ、冷えなどが出てきてしまいます。


逆に、太ももと腰の負担が大きい分、お尻とお腹の筋肉は使われない状態になってしまいます。筋肉が仕事をせずさぼっているとお考えください。それを放置すると、お腹はぽっこり突き出し、垂れ尻になるという恐ろしい結果に繋がるのです。


次に左右のバランスが悪い人を例にあげます。

骨盤が左右に歪んでしまうと、なんと左右の脚の長さが変わってしまいます。

人間は、長くなってしまった脚の方に体重が多く乗ってしまうため、足首や膝、股関節に痛みや違和感が出やすいです。

また反対側の腰も常に緊張している状態になるため、片方の腰だけが痛い、重いなどと感じることがあります。


とは言え、やはりすべての筋肉を平等に使うなんてことはまず不可能ですよね。骨盤に多少の歪みを持つ人がほとんどなのではないでしょうか?


大切なのはその歪みをひどくなるまで放置してしまうのか、定期的に整えてあげるのかです。

一生付き合っていくそのお身体のメンテナンスはぜひランバー整体院におまかせください。


12回の閲覧