• lumbar

生理痛で意識を失った経験


こんにちは。東京千代田区飯田橋にある、反り腰専門ランバー整体院の石川です。


当院で、反り腰に悩まれている女性のほとんどが、毎月の生理痛がひどいと言います。

ですが、痛みの感じ方にはもちろん個人差がありますよね。


私は、痛み止めが効かない、仕事に支障が出るような生理痛を、「ひどい」と認識しています。

そんなひどい生理痛でお悩みの方は、痛み以外にも辛いことがあるのです。


それは、「周りの理解を得ることができない」ということです。


男性が生理痛に理解を示すということは、なかなか難しいのはもちろん分かります。

自分では、経験したくても一生できない痛みですからね。


しかし、本当に辛いのは、同じ女性に理解してもらえないことなのです。


先程も言いましたが、生理痛は、骨格や生活習慣、体質などでかなりの個人差が出ます。

痛みをまったく感じない。感じたことがないという女性も、中にはいるのです。

そんな人に、「たかが生理痛ごときで休むの?」と言われるのは、かなりのショックを受けますよね。


私は、この整体業界に入るまで、ひどい生理痛の持ち主でした。


学生時代は毎月早退し、痛みで意識を失ったこともあります。


コンビニでアルバイトをしていた時、勤務中に突然、痛みで動けなくなったことがありました。

レジの中でうずくまり、店長に電話をして助けを求めたのですが

「今人がいないから、薬でも飲んでもうちょっと頑張って。あとこれとこれやっておいてね。」

と、早退させてもらえないどころか、仕事を押し付けられたのです。

仕方なく私は、ふらつきながら仕事をしようとしたのですが、途中で意識を失い、気づいたら事務所で横たわっていました。

店長には、「とりあえず応援呼んだから、今日は帰りな。ちゃんと栄養取れよ。」と言われました。


応援で駆けつけてくれたパートの女性にも

「ただの生理で大袈裟な。なんか病気じゃない?早く病院行きなよ。これだからゆとりは…」と、冷たく言われたのです。

意識が朦朧としている帰り道で、私はパートさんに言われた言葉があまりにもショックで、泣きながら帰りました。


このように、私と同じような経験をされた女性、たくさんいると思います。


心無い言葉に傷つくこと、理解されない悔しさ、本当に辛いですよね。

もし、そんな思いをされている方は是非一度、当院にご相談ください。


その辛い生理痛は、矯正によって軽くすることができるのです。

生活習慣のアドバイスなどもお任せください(^^♪

同じ痛みを知る女性だからこそ、できる施術があります。


63回の閲覧